北欧織物 フィン織り タペストリー 糸巻き棒 ダークブラウン×アイボリー ヴィンテージ フィンランド製

MORE DETAIL

フィンランドの糸巻き棒Rukinlapa(ルキンラパ)が織り出されたタペストリーです。
昔は糸車を使って糸紡ぎをする時にこんな木製の糸巻き棒が使われていました。美しい装飾が施されたRukinlapaは壁に飾ったりもしていたようで、その昔、男性が手彫り細工を施したRukinlapaを女性に贈る習慣もあったそうです。
温かみのあるウールの質感と織り模様は、秋冬らしい季節感を感じさせてくれると思います。
フィン織りは二重織りの一種で、二面で色が反転して織り出されるため両面どちらでも飾れ、表裏で雰囲気も変わるので二通りの楽しみ方が出来ます。フィンランド語ではTäkänäと呼ばれています。上部が輪になって織られているので、タペストリー用のハンガーなどを通して飾れます。

コンディション
アイボリー側の上部端に極薄い汚れの箇所があるものの目立つ程ではありません。穴やホツレなどなく全体的に良い状態です。

※こちらの商品は日本国内から、ゆうパックまたは、単品でのご注文の場合に限りレターパックプラス 日本全国一律520円での発送が可能です。

素材ウール
サイズ33×113cm(フリンジ含む)
重量286g(箱・梱包材は含まず)
生産国フィンランド

※ご注文前に必ずお読みください
ヴィンテージやアンティークの品は、長い年月を経て保管または使われてきたため、僅かな劣化(スクラッチ、凹凸、釉薬の剥がれ)などがある場合がありますことをご了承の上、ご注文ください。